MENU

【2020年最新】イ・ボヨン出演の韓国ドラマ一覧とおすすめ人気作品

2020 10/17
【2020年最新】イ・ボヨン出演の韓国ドラマ一覧とおすすめ人気作品

2013年に韓国の俳優チソンと結婚し、現在は2児の母でもあるイ・ボヨン。

映画やドラマ・CMと幅広く活躍し、多くの賞も受賞する輝き続ける女優の1人です。

アシアナ航空5代目モデルに見られるような清楚で華やかなイメージですが、内面はサバサバした女性だそうですよ。

こちらの記事では、韓国女優イ・ボヨンのこれまでの出演ドラマと、絶対見るべきおすすめ3作品を紹介しています。

プロフィールや経歴についても紹介しているので、イ・ボヨンのことを知るきっかけになれば幸いです。

\イ・ボヨンのドラマがイッキ見できる!/

目次

イ・ボヨンのプロフィール

芸名イ・ボヨン
本名芸名に同じ
生年月日1979年1月12日
年齢41歳
出身地ソウル市特別区
身長168cm
血液型B型
所属事務所J,WIDEカンパニー
SNSInstagram

2000年にミス・コリア大田・忠南(チュンナム)代表に選ばれ、2002年にCMでデビューします。

また2005年に出演した時代劇「薯童謠(ソドンヨ)」のソンファ姫役で、一躍有名女優の仲間入りを果たします。

コミカルな役からシリアスな役まで幅広い役をこなす親近感の湧く女優です。

イ・ボヨンの出演ドラマ一覧

ここでは、イ・ボヨンの過去の出演ドラマを紹介します。

2000年のドラマ「ニューノンストップ」でデビュー後は順風満帆にはいかず、2006年頃には鬱病を患うなど辛い時期も乗り越えながら女優業に邁進してしてきました。

現在は年を重ねてさらに輝きが増し、どんな役も自然体溢れる演技でお茶の間を魅了してくれます。

2020年イ・ボヨン出演ドラマ

  • 花様年華~人生が花になる瞬間~(ユン・ジス役)※主演

2018年イ・ボヨン出演ドラマ

  • Mother(カン・スジン(ナム・スジン)役)※主演

2017年イ・ボヨン出演ドラマ

  • 耳打ち(シン・ヨンジュ役)※主演

2014年イ・ボヨン出演ドラマ

2013年イ・ボヨン出演ドラマ

2012年イ・ボヨン出演ドラマ

  • いとしのソヨン( イ・ソヨン役)※主演
  • 赤道の男(ハン・ジウォン役)※主演

2011年イ・ボヨン出演ドラマ

  • 愛情万々歳~ブラボー!マイ・ラブ~(カン・ジェミ役)※主演

2010-2011年イ・ボヨン出演ドラマ

2010年イ・ボヨン出演ドラマ

  • セレブの誕生(イ・シンミ役)※主演

2006年イ・ボヨン出演ドラマ

  • ミスターグッドバイ(チェ・ヨンイン役)※主演
  • ゲームの女王( カン・ウンソル役)※主演

2005年イ・ボヨン出演ドラマ

  • 薯童謠-ソドンヨ-(ソンファ(チン・ガギョン)役)※主演
  • 美しいあなた(ユ・イニョン役)※主演

2004年イ・ボヨン出演ドラマ

  • 水花村の人々(ユ・ヨギョン役)
  • ラストダンスは私と一緒に(ユン・スジン役)
  • 張吉山(クィレ役)

2003年イ・ボヨン出演ドラマ

  • NO春香 vs 非夢龍(ジェイン役)
  • ぷー太郎脱出!(チャ・ミリム役)

2000年イ・ボヨン出演ドラマ

  • ニューノンストップ

イ・ボヨンのおすすめドラマ3選

ここでは、イ・ボヨンが気になっているあなたに、これだけは見てほしいおすすめドラマ3選を紹介します。

イ・ボヨンを語るならこの3作品はぜひ見ておいてくださいね!

イ・ボヨンのおすすめドラマ①:君の声が聞こえる

君の声が聞こえる
(画像引用元:U-NEXT)

このドラマは女性国選弁護人と人の心が読める能力を持つ青年とのミステリーラブロマンスです。

イ・ボヨンが演じるのは交通事故に見せかけたスハ(イ・ジョンソク)の父の事件を目撃してしまったことで、運命の歯車が狂ってしまった弁護士ヘソン。

最初は裁判で勝つことが真実だと思い込みやる気ゼロでしたが、法廷で心を読むスハの能力を活用することで能力を発揮していく所に注目して下さい。

同僚などにも影響され、どんどん逞しく頼りがいある弁護士へと成長を遂げていく姿は必見です。

年上の女性を必死で守ろうと一途な想いをもつ2人のラブロマンスも満載!

危機迫るドキドキさせられるシリアスさと、クスっと笑って和ませるコミカルさのバランスが秀逸な作品です。

\君の声が聞こえるがイッキ見できる!/

イ・ボヨンのおすすめドラマ②:神様がくれた14日間

神様がくれた14日間
(画像引用元:U-NEXT)

心から愛する娘が誘拐し殺害されてしまい、不幸のどん底にいるワーキングママのスヒョンをイ・ボヨンが演じています。

犯人からの接触に対し、警察すら信頼せず自分後からだけで解決しようと勇敢に立ち向かっていく様が圧巻!

犯人と接近戦になった駅のホームでは蹴り飛ばされても引きずられても、娘を取り返すために諦めない迫真の演技に注目して下さいね。

ところが努力も空しく、娘は助からず…

そして娘の死を受け止めきれず後を追って死のうと貯水池に飛び込むと、なんと事件が起こった14日前にタイムスリップしてしまいます。

次から次に事件が起こり大どんでん返しの結末には、弱者に罪を擦り付ける大きな黒幕が….

娘を守りきり未来を変える事が出来るのでしょうか?

実力派俳優たちが繰り広げる、見ごたえのあるドラマですよ。

\神様がくれた14日間がイッキ見できる!/

イ・ボヨンのおすすめドラマ③:Mother

Mother
(画像引用元:BS日テレ)

児童虐待が増える社会に警鐘を鳴らす、日本のドラマのリメイク「Mother」は特におすすめです。

イ・ボヨンが演じるのは母に捨てられた過去を持ち、人と深く付き合うことができない鳥類学者スジンです。

実母たちから虐待を受けるヨナ(ホ・ユル)が通う小学校の臨時教師として赴任したことで出会います。

スジンは自分の過去と重なるような境遇のヨナを不憫に想い、渡り鳥のような逃避行を企てますよ。

ところがヨナを助けていたはずが、誘拐犯として逮捕されてしまうことに…

そして世論を味方に付けて養子にしようと画策するなど、愛情深く見守る姿に注目して下さいね。

血の繋がりに関係なく、次第に本物の親子になっていく姿に大号泣!

家族の絆を深く考えさせてくれる、メッセージ性の強いドラマですよ。

\Motherがイッキ見できる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる